口コミでも好評なスウェーデンハウスに依頼しよう

家の模型

地形と気候に合わせて

積み木

北部と南部とで異なる特徴

岐阜は、北部と南部とで地形が大きく異なっています。その分気候も異なっているので、岐阜で注文住宅を建築する際には、それを十分に考慮することが肝心とされています。具体的には、まずは北部では大部分が山間部となっているため、山が日光を遮ることで夏でも涼しく過ごすことができます。一方冬には、山から吹き下ろしてくる風で冷え込みますし、なおかつ雪が多く降り積もります。そのため岐阜の北部では、厳しい寒さから生活を守るために、気密性の高い注文住宅が多く建てられています。具体的には、通常よりも厚みのある床や天井や壁を、隙間ができないように組んで建てる注文住宅です。気密性が高ければ、屋内にはそれだけ冷気が入りにくくなりますし、暖房による温もりも屋外に逃げにくくなるのです。また、屋根を急勾配にした注文住宅にも、雪が積もりにくいことから高い需要があります。そして岐阜の南部では、平野が広がっているため気候は比較的温暖となっています。しかしだからこそ栄えていて公共施設や商業施設が多いので、地価が高めです。その分住宅用地がやや狭くなることがあるため、注文住宅は狭くても広々と過ごせるようにと工夫して建築されています。たとえば3階建てにしたり、ウッドデッキやロフトを設置したりといった具合です。また、比較的安く仕入れることのできる新建材を多用した注文住宅も、注目されています。土地の購入に多めにかかった費用を、建物におけるコストダウンでカバーするためです。